カーポートをきれいに洗浄するコツ3つを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常に外気にさらされているカーポートは、定期的にメンテナンスをすることできれいな状態を保てます。ここではカーポートをきれいに洗浄するコツを紹介していますので、ぜひ一読ください。

 

カーポート洗浄の3つのコツ

 

雨避けや強い日差しから車を守るために欠かせないカーポートは、設置後のメンテナンスが重要です。カーポートをきれいに洗浄する3つのコツをみていきましょう。

 

・1. 素材に合わせた方法で洗浄する

 

ひと口にカーポートといっても素材の種類はさまざまです。使われている素材によって、洗浄方法も異なります。特にポリカーボネート製のものは傷つきやすいので、洗浄時は擦ったり強く拭いたりするのは避けなければいけません。少しの汚れであれば、サッと水をかけるだけでもOKです。

 

ほかにも、アルミ製やスチール製などがあります。これらは傷に強いうえに簡単に拭き取るだけできれいになりますから、洗浄の手間がかかりません。頑固な汚れは中性洗剤を使ってもOKです。

 

・2. アルミ製やスチール製で丈夫でも定期的に水拭きする

 

柱はアルミ製やスチール製のものが多く、先ほども述べたように丈夫です。少々洗浄しなくても問題ありませんが、長期間放置すると酸化してしまうので定期的に水拭きするようにしてください。

 

・3. 雨どい内部のつまりは洗浄前に取り除く

 

雨どいは定期的な洗浄が必要です。特に秋は落ち葉が入り込みやすいので、放置しないようにしましょう。専用ブラシで簡単にきれいになります。内部がつまっている場合は、洗浄する前に取り除いてください。

 

 

カーポートを洗浄するときの注意点

 

カーポートは、長期間そのままにしておくと劣化につながります。そのため定期的にメンテナンスする必要がありますが、洗浄時はいくつか注意しなければいけない点があります。

 

・屋根の上には乗らない

 

強度のあるものが使用されているとはいえ、人間の重さに耐えられるものではありません。破損の原因になりますから、もし屋根の上に汚れがある場合は長いブラシや脚立などを使って洗浄してください。

 

・中性洗剤を使う

 

頑固な汚れに洗剤を使う場合は、必ず中性洗剤を選びましょう。中性洗剤以外で洗浄すると、腐食につながるため注意してください。

 

・隣近所への配慮を

 

特にカーポートが隣と密接している場合は、水や汚れが飛び散ってしまう可能性があります。洗浄する際は、隣近所に伝えておくと、トラブル予防になります。

 

・定期的に洗浄を

 

カーポートは、設置して完了ではありません。年中外気にさらされているので、当然汚れます。なるべくこまめに洗浄することで頑固な汚れを作らずに済みます。長期間の放置はカーポートを傷めてしまう原因にもなりますから、定期的なメンテナンスを忘れないようにしましょう。

 

 

定期的なメンテナンスがカーポートのきれいを保つコツ

 

カーポートは設置後、長い期間そのままにしておくと劣化や腐食などを招いてしまいます。いつまでもきれいな状態を保ち、劣化を防ぐためにも、定期的にメンテナンスするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。