プロが教える!カーポートのメリットとデメリット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。

キロネットショップ カーポート専門店の富田です。

今日のテーマはこちら。

プロが教える!カーポートのメリットとデメリット!

です。

ガレージも含めまして簡単な比較を以下にまとめました。

比較 カーポート ガレージ
メリット 安い、敷地に合わせやすい、施工期間が短い 防犯性が高い、雨が吹き込まない
デメリット 雨が吹き込む場合がある、防犯性は低い 高い、加工ができない
クリックしてカーポート専門店へ クリックしてガレージ専門店へ

 

カーポートってなんでしょう?

レイナポートグランZ基本

耐風圧カーポート レイナポートグランZ

※画像クリックで詳細ページに飛びます。

名前のとおり、車の屋根なんですが同じ目的でたてるガレージと決定的に違うところがあります。

それは壁で覆われていない点。屋根と柱だけの簡易的なものなんですね。

そのためガレージに比べて比較的安価なのが特徴です。

もちろん「高級品」といわれるレベルのカーポートになるとガレージと同等の価格になってはきますがそれは一旦おいておきましょう。

 

カーポートを建てる目的って?

多くのお客様が言われるのは、「車の乗り降りの際に雨に濡れるからそれを避けたいな。」であったり「新車が鳥の糞に汚されるのが我慢ならない!」であったり、基本的には車に関連するシーンで使いたいなというのが目的にあたると思います。

そんなカーポートですが、よく考えずに設置してしまうと結構めんどくさいことになったりするんです。

しっかりとメリット・デメリットの双方を確認して頂いてから購入して頂くと、「こうすればよかった!」という後悔は少し減るのではないかと思います。

 

カーポート設置のメリット

①雨の日に濡れずに乗り降りが可能。

多くのお客様はこれを目当てに購入されることが多いと思われます。

荷物の出し入れなども傘を差しながらする必要がなくなるのは楽ですよね。

 

②鳥の糞や雹など上空からの落下物を防げる。

雹などの少しおおきな落下物等ですと車に傷がつく可能性はかなり高くなってしまいます。

鳥の糞に対しては汚れないというのはもちろんのこと、糞自体が酸性で車に長い間付きっぱなしになるとサビや腐食の原因となってしまうため屋根があるだけで軽減できますね。

 

③車が汚れにくくなる。

雨に濡れることを防いでくれる為、ワックスや洗車などの頻度が少なくて済みます。

 

④車内の暑さが軽減される。

夏場に外に置いておいた車。乗るときにはムワっとした熱気にむせ返りそうです。

クーラーをがんがんにかけるとガソリンも減ってしまうし困りものです。

また直射日光を浴びることで車内のインテリアが変形したり故障したりの原因となってしまいますよね。

私もサングラスがぐにゃぐにゃになった経験があります。

カーポートの屋根は紫外線カット効果があり、熱線遮断効果の高いものは温度のあがりが全く違ったりします。

 

⑤冬場に車に霜がつかなくなる。

朝の出勤時に車の窓に霜がおりていて、お湯を取りに戻った経験はありませんか?

カーポートを設置すればその困りごとが解消されます。

ざっとあげただけでも以上のような点が考えられます。

車に優しく、家計にも優しいというのがカーポートを設置するメリットではないでしょうか。

新車を購入される際に同時に購入を検討される方が多い印象です。

 

カーポート設置のデメリット

①柱が邪魔になる。

どうしても屋根を支える柱が必要になってきます。

そのため駐車場のスペースが十分にないと、人が通るスペースがなくなってしまったり、大きい車に買い替えたらカーポートの柱が邪魔で入らないなどということも・・・。

また車を止める位置によっては扉を開けたら「ガンッ」という接触音。柱にあたってしまうなんてこともあります。

 

②圧迫感がある。

開放感ある青空から一転、屋根が出来てしまうためやはり圧迫感はあると思います。

お家の窓が近かったり、玄関ポーチの階段が近くにある場合などは特にそう思われるのではないでしょうか。

しっかりとプランを建てる際に「奥行」や「間口」といった部分だけではなく「高さ」に関しても注目頂く必要があります。

 

③台風や強風時に屋根が飛ぶ。

カーポートの多くは耐風圧強度の設定がされており、そう簡単には飛んでいきません。

しかし、台風や突風などの天災などの際にはカーポートの本体が倒壊しないように、屋根材が外れるようにできているんです。

もちろん台風の度に飛ぶというわけではないですが、「飛んで人にでもあたったらどうしよう」と不安になられる方もいらっしゃいます。

 

デメリット対策

ざっとデメリットを上げましたが①については、現行のカーポートの中には柱を横ではなく、奥に設置できるものもありますので、このようなものをお選びいただくと軽減はできます。

エフルージュEX

画像はYKKAP エフルージュEX

②については先にご説明したように「高さ」にご注意の上お選びいただければ軽減されます。

とはいえ高く設定しすぎても雨が振り込みやすくなってしまうため、悩みどころではあります。

③に関してはやはり「飛ばないようにする。」というのはかなり難しいです。

天災の場合は、予測がしにくいのが現状です。

ただ各メーカー強度計算をしたり、台風用の対策オプションなどを出したりしています。

また屋根をポリカーボネート製ではなくセッパンのカーポートをお選び頂くと飛ぶことは考えにくいですね。

 


カーポートのメリットとデメリットについてお話しさせて頂きました。

やはりメリットの分だけデメリットもあるというのが率直なところです。

大きなお買いものになるかと思いますのでしっかり吟味してお選びいただくことをお勧めいたします。

ネットショップキロ カーポート専門店ではカーポートを工事込み価格で販売中。

概算見積りはサイト内で出来ますし、現地調査も無料となっています。

ご不明な点などありましたらエクステリアのプロがしっかりとご説明させて頂きますのでご安心ください。

それではみなさんよいガーデンライフを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーポートの工事付価格を簡単に知る方法とは

●ダウンロード不要のカンタン!自動無料見積システム


たった3分で、工事付のカーポートの価格を知ることができる無料見積シミュレーションのご紹介です。面倒な作業は不要ですので、ぜひ一度お試しください。

カーポート自動WEB見積をスタートするカーポート自動WEB見積をスタートする



●見積価格を知る前に。施工事例でイメージを膨らませよう!!


カーポート施工事例集はこちらカーポートの施工事例集を確認する



●カーポートを検討されている方は、こんな商品にも興味を持っています。


テラス屋根ウッドデッキフェンス専門店テラス囲い

●カーポートの商品のみを購入して、DIYしたい方にはコチラがおすすめ!


全国無料配送始まりました。YKKAPカーポート特集全国宅配OK!YKKAPのカーポート特集


他のブログを見る

SNSでもご購読できます。