火災保険でカーポートを修理するために押さえておくべき基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は自然災害が多い国として知られており、住宅そのものはもちろん、それに付属するカーポートなどの設備も大きな被害を受けるおそれがあります。そのため、日本では家屋を購入する際、火災保険に加入することが義務づけられていますが、万一の時にカーポートなどの付属設備も補償の対象になるかどうか気になるところです。

今回は自然災害でカーポートが壊れてしまった時の火災保険の扱いや、注意したいポイントをまとめました。

火災保険はカーポートも補償可能!ただし適用の可否は保険の種類によって異なる

火災保険は家屋そのものだけでなく、それに付属する門や塀、物置、そしてカーポートも補償の対象となります。ただし、火災保険にもさまざまな種類があり、商品によって補償内容が異なるので注意が必要です。
現在、火災保険には大きく分けて2つの種類があります。

・最もスタンダードな住宅火災保険

一般的な火災保険で、火災とともに落雷や破裂、爆発、風災、雪災、ひょう災などによる被害を補償してくれます。

・補償範囲が広い住宅総合保険

住宅総合保険は、住宅火災保険の補償に加え、水災や水濡れ、暴行による破損、盗難、飛来・落下、衝突、持ち出し家財の損害なども補償される保険です。
たとえば住宅火災保険に加入している場合、火災や落雷などによるカーポートの損害は補償されますが、台風によって飛んできた看板が衝突して柱が折れたといったケースは補償対象外となります。

カーポートが自然災害の被害に遭った場合、加入している火災保険で補償できるかどうか確認しておきましょう。

新しいタイプの火災保険は補償内容に要注意!

かつての火災保険には火災・風災・雪災・ひょう災が標準で付帯されていました。しかし最近の火災保険は多様なニーズに応えるため、自分で必要な補償を選べる仕様になっています。保険料を抑えるために補償範囲を狭めている場合、被害の内容によっては保険でカーポートを修理できなくなってしまうので注意が必要です。

支払われる保険金は免責の有無によって異なる

火災保険の種類によっては免責金額が設けられている場合があります。免責金額とは保険金が支払われる事態が発生した際、被保険者が負担しなければならない金額のことです。

免責金額は保険によって異なりますが、たとえば5万円の免責金額が設定されていて9万円の損害が発生した場合、保険会社から支払われるのは4万円のみとなるので注意しましょう。

カーポートの損害を修理するときは加入している火災保険の種類や補償内容をチェック

カーポートは住宅の付属設備とみなされるため、火災保険の補償対象となります。火災保険の種類や補償内容によっては補償が受けられないケースもありますが、火災や風災、落雷といった一般的な自然災害であれば損害を受けたカーポートを修理することができます。
住宅総合保険であればさらに多くの災害に備えられますので、カーポートの設置を検討されている方はあわせて火災保険を見直すのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風・積雪に強いカーポートを知りたい方にとっておき情報

●「アルミカーポートの最強モデル」 超頑丈!!セッパンカーポート特集


アルミの柱を使ったカーポートで一番頑丈な仕様を知っていますか?それはセッパンカーポートです!耐風圧強度・最大54m/s、耐積雪強度・最大250cm相当もあります。そんなセッパンカーポートの中から当店が厳選した商品をご紹介しております。

台風・大雪に強い超頑丈!!セッパンカーポート特集



●「強い」台風に耐えるカーポートセット誕生!!


台風による屋根の飛びを防ぐために、キロオリジナルのコミコミセットを作りました!メーカー自社基準で耐風圧46m/秒に耐える事ができるとっておきのカーポートです!

台風に耐えるカーポート特集台風に耐えるカーポート特集



ダウンロード不要のカンタン!自動無料見積システム


たった3分で、工事付のカーポートの価格を知ることができる無料見積シミュレーションのご紹介です。面倒な作業は不要ですので、ぜひ一度お試しください。

カーポート自動WEB見積をスタートするカーポート自動WEB見積をスタートする



●見積価格を知る前に。施工事例でイメージを膨らませよう!!


カーポート施工事例集はこちらカーポートの施工事例集を確認する


カーポート専門店のキロに移動する

SNSでもご購読できます。