カーポートは設置する向きが重要!注意すべきこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーポート選びや設置というと、素材や大きさが大事だと思われがちですが、実はとても重要なポイントは「向き」です。

カーポートの向きによっては使い勝手や耐久性が大きく変わってきます。カーポートを設置する向きの重要性について解説します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーポートは設置する向きが重要!

カーポートの配置は、道路に面したところであればどこでもよいというわけではなく、以下の2つの点を考慮する必要があります。

 

・1. 風向き

とくに強風が吹いたり、台風が通ったりしやすい地域にお住まいの方は、風向きに応じてカーポートの向きを変更する必要があります。

支柱がない方の屋根が風にあおられるような向きでカーポートを設置していると、

強風が吹いた時に屋根が飛ばされてしまう恐れがあるからです。

 

どうしてもその向きにカーポートを設置したい方は、サポートを用いて屋根を固定するという手もあります。

 

・2. 隣家への影響

実際にカーポートを設置してから気づく部分も多いのですが、隣家への影響も前もって予想しておくのが賢明です。

カーポートの柱は隣家との境界側に立てるのがよいのですが、

あまり境界ギリギリに立ててしまうと雨や雪、さらには雪解けの水しぶきが隣家に入ってしまいます。

 

お隣に迷惑がかからないよう向きを変えたり、境界からやや離れたところにカーポートを設置したりする必要があるでしょう。

 

 

カーポートを設置する際に注意する2つのこと

カーポートを設置する際の向きには2つの注意点があります。

 

・1. 窓や門の前に柱が来ないようにする

カーポートの向きによっては、柱が門や窓の前にきてしまいます。

窓の前にカーポートの支柱があると、窓から見える景色が台無しになってしまうだけでなく、室内にもかなりの圧迫感があります。

 

また、門の前に支柱が来ると、門が開かなくなることもあるでしょう。カーポートの向きを考えて、支柱の位置も計算することが重要です。

 

・2. 屋根からの雪の落下に注意

積雪の多い地域にカーポートを設置する場合ですが、屋根からの雪の落下にも注意しましょう。

屋根に積もった大量の雪が勢いよくカーポートに落下した場合、耐久性によっては破損してしまう恐れが考えられるからです。

屋根から雪が滑り落ちてきそうな場所に設置することは、避けたほうがいいでしょう。

 

 

自宅におすすめのカーポート2選

では、ここでおすすめのカーポートを2つご紹介しましょう。

 

 

・1. YKK レイナツインポートグラン

カーポートでは有名なYKKが発売している、アール屋根タイプのベーシックなカーポートです。

柱から後枠が出っ張らない構造になっているため、カーポートを隣地境界よりに設置できるようになりました。

本体カラー4色、屋根ふき材のカラー4色のバリエーションも魅力のひとつです。

 

・2. YKKAP エフルージュツイン 基本セット

同じくYKKの2台用カーポートで、42m/秒相当の耐風性能と高い耐雪性能を誇ります。

本体カラーはブラウン・カームブラック・プラチナステン・ピュアシルバーという人気の4色を揃えており、ご自宅の雰囲気にあったものを選べます。

 

 

カーポートの向きに注意して快適な生活を

カーポートを適正な向きに配置することは、カーポートを長持ちさせるだけでなく快適な生活を送るのに必要です。

カーポートはよく注意して設置し、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。