超頑丈なセッパンカーポートで安心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セッパンカーポートとは

セッパンカーポートは、耐積雪強度が30~最大250cm と、様々な強度バリエーションが販売されており、8割以上の豪雪地域でも安心して使用されています。また、耐風圧強度も46~最大54m/秒までとなっています。非常に強いとされる台風の基準は、風速44~54m/秒未満であるため、セッパンカーポートがどれほどの雪と風に強いカーポートであるか、お分かりいただけるでしょうか。日本全国各地の基準風速のすべての風速をクリアしているという優れものです。これならば、冬だけでなく、強風の多い春や車を複数台所有されている方でも安心ですね。

 

セッパンカーポートの水滴のメンテナンス

積雪量の多い地域で導入されることの多いセッパンカーポート。白い水滴の跡が目立って気になるという方も多いのではないでしょうか。屋根材で使用する耐候性の高いガルバリウム鋼板は、アルミと亜鉛の合金をメッキにした鋼板であるため、地肌の鉄より先に亜鉛が溶け出す「犠牲防食作用」により、鉄を守り長持ちさせます。しかし、この溶けた亜鉛がセッパンの裏の結露に含まれた際、白い水滴となってしまうのです。自動車の塗装や人体には無害なので問題ありませんが、乾いてしまうと白く跡が残り気になることも。ですが、水道水をかけるだけである程度除去することが可能です。モップやスポンジでこすって洗い落とせばきれいに除去することができますよ。汚れが気になっていた方は、ぜひ試してみてください。

 

セッパンカーポートのメリット・デメリット

メリット①敷地に合わせた屋根を設計できる

変形した敷地でカーポートが立てづらいという場合でも、ご自分のニーズに合ったセッパンカーポートを提案してもらうことが可能です。

メリット②通常のカーポートよりも風に強い

カーポートというと、自動車を雨から守るというところにばかり意識が向きがちですが、風に強いということも、カーポートを選ぶうえでの基準にするべきでしょう。

 

デメリット①屋根より光が入らない

強度にこだわることにより、どうしても車庫下が暗くなってしまいがち。ただし、夏には強い日差しを和らげることができ、自動車の日焼け予防になります。

デメリット②道路から建物の外観が見づらい

セッパンカーポートの存在感が大きいことで、その奥にある建物・自宅が見づらくなってしまうという場合も。これは、カーポートの高さを調節したり、カラーを上手に選択したりすることにより改善することができるでしょう。

 

錆びにくく、強度も高いセッパンカーポート。ゲリラ豪雨や台風、竜巻といった自然災害も頻繁に発生することの多い昨今では、豪雪地域だけでなく、どの地域の方にもおすすめしたいカーポートと言えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風・積雪に強いカーポートを知りたい方にとっておき情報

●「アルミカーポートの最強モデル」 超頑丈!!セッパンカーポート特集


アルミの柱を使ったカーポートで一番頑丈な仕様を知っていますか?それはセッパンカーポートです!耐風圧強度・最大54m/s、耐積雪強度・最大250cm相当もあります。そんなセッパンカーポートの中から当店が厳選した商品をご紹介しております。

台風・大雪に強い超頑丈!!セッパンカーポート特集



●「強い」台風に耐えるカーポートセット誕生!!


台風による屋根の飛びを防ぐために、キロオリジナルのコミコミセットを作りました!メーカー自社基準で耐風圧46m/秒に耐える事ができるとっておきのカーポートです!

台風に耐えるカーポート特集台風に耐えるカーポート特集



ダウンロード不要のカンタン!自動無料見積システム


たった3分で、工事付のカーポートの価格を知ることができる無料見積シミュレーションのご紹介です。面倒な作業は不要ですので、ぜひ一度お試しください。

カーポート自動WEB見積をスタートするカーポート自動WEB見積をスタートする



●見積価格を知る前に。施工事例でイメージを膨らませよう!!


カーポート施工事例集はこちらカーポートの施工事例集を確認する


カーポート専門店のキロに移動する

SNSでもご購読できます。