積雪に強いカーポートの形って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

カーポートにも種類がある

カーポートと一言で言っても、その種類はさまざまです。形状は、片側タイプ・両側タイプの二種類で、屋根に使用される素材で種類を分類していきます。よく使用される屋根材としては、ポリカーボネート・スチール・アルミの三種類。ポリカーボネートは、半透明でプラスチックのような材質を持ち、片側タイプに使用されることが多いです。スチールは、鉄製のため非常に丈夫で頑丈なため、両側タイプによく使用されます。アルミも丈夫で、スチールよりも錆びにくい特徴があり、風にも強く遮熱性にも優れています。では、積雪地域ではどのようなカーポートが良いのでしょうか。

 

耐積雪荷重性能を知っておくこと

雪は新雪から、こしまり雪、しまり雪、ざらめ雪へと時間の経過とともに状態が変化していきます。カーポートの屋根に積もった雪は、どんどん密度が高くなっていき、重量が2,3割増えていくのです。1立方メートルあたりの屋根の雪の重さは、約300キロと言われています。積もり固まった雪は、重みによって建物の倒壊・屋根から斜面へ滑落という思わぬ事故を引き起こしてしまいます。こまめに雪かきや雪下ろしを行うのも大事ですが、一晩で数十センチ降り積もる地域では、こまめに雪かきしていてもきりがありません。そこで知っておくべきは、耐積雪荷重性能。カーポートの場合、積雪が20センチを超える前に雪下ろしをすることが基準となっています。地域により差がありますが、北海道や日本海側の豪雪地帯では、50センチ以上の積雪に備えたカーポート選びが最重要です。

 

地域によって変わるカーポートの選び方

・積雪200センチ対応

200センチの雪に対応できるものとなると、セッパン屋根タイプ以外のものはありません。一般地域在住の方には不要ですが、豪雪地帯在住の方が選ぶべきは、このタイプです。デザインなど選べないの?と残念に思わないでください。1台~4台用まで、幅広いラインナップがあるので、敷地や車の台数によって選んでみてくださいね。また、かなり大きな梁を使用するため、工事はユニック車などで大々的に行う必要があります。

・積雪100センチ対応

ポリカーボネートの屋根のものはほとんど見当たりませんが、それでも各メーカーからポリカーボネストの屋根のものが出てきています。TOEXソルディポートは、積雪150センチまで対応しています。

・積雪30~50センチ対応

積雪50センチ対応であれば、一般的なポリカーボネート屋根やデザイン豊富な商品が数多く出ています。屋根がセッパンというスチール製の波形のもので、ポリカーボネート屋根と比較すると積雪強度が強く、強風にも強いです。

 

最近異常気象の多い日本。都心での積雪も珍しくはありません。豪雪地帯はもちろんのこと、それ以外の地域でも、突然の大雪や暴風雨に対する備えをしておくと安心ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風・積雪に強いカーポートを知りたい方にとっておき情報

●「アルミカーポートの最強モデル」 超頑丈!!セッパンカーポート特集


アルミの柱を使ったカーポートで一番頑丈な仕様を知っていますか?それはセッパンカーポートです!耐風圧強度・最大54m/s、耐積雪強度・最大250cm相当もあります。そんなセッパンカーポートの中から当店が厳選した商品をご紹介しております。

台風・大雪に強い超頑丈!!セッパンカーポート特集



●「強い」台風に耐えるカーポートセット誕生!!


台風による屋根の飛びを防ぐために、キロオリジナルのコミコミセットを作りました!メーカー自社基準で耐風圧46m/秒に耐える事ができるとっておきのカーポートです!

台風に耐えるカーポート特集台風に耐えるカーポート特集



ダウンロード不要のカンタン!自動無料見積システム


たった3分で、工事付のカーポートの価格を知ることができる無料見積シミュレーションのご紹介です。面倒な作業は不要ですので、ぜひ一度お試しください。

カーポート自動WEB見積をスタートするカーポート自動WEB見積をスタートする



●見積価格を知る前に。施工事例でイメージを膨らませよう!!


カーポート施工事例集はこちらカーポートの施工事例集を確認する


カーポート専門店のキロに移動する

SNSでもご購読できます。