カーポートの風雪被害と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

カーポートの風雪被害とは

施工が比較的簡単で、雨風をしのげるカーポート。雨の日も濡れずに車の乗り降りができ、飛来物や紫外線からも大切な愛車を守ってくれます。その一方で、地域の気候によっては、注意しなければいけない点があるのも事実です。

 

特に雪が多く降る地域では、カーポートの屋根が雪の重みで壊れる可能性があります。片柱側タイプのカーポートは通常、20㎝~30㎝の積雪まで耐えるとされていますが、支持柱を設置していない場合、壊れる事例が起きているようです。

 

また、カーポートに一番多い3本柱で片持ちタイプだと、台風や竜巻、突風の通過によって、屋根材が破損してしまう心配も。素材がアルミ製の場合、耐風強度が毎秒30メートル~46メートルと言われています。

 

大型台風は毎秒30メートル~50メートルまで風力があるので、壊れる可能性は否定できません。ただし、住宅が密集して建っている場所ではビルなどに阻まれて、風が弱まることも多いので、被害は少ないと考えてよいでしょう。

 

 

カーポートの風雪対策とは

雪が20㎝以上積もったら、カーポートの屋根の雪下ろしが必要になります。積雪地域にカーポートを設置する場合、片側3本、両側6本柱のタイプがあり、150㎝の積雪まで耐えることが可能なので、このような耐性のあるカーポートを検討するのもひとつの手です。

 

強風に関しても、片側柱や後部柱に比較すると両側柱は横風に強いとされているので、サポート用の柱を立てるなどして対策することをおすすめします。

 

防雪ネットもおすすめ

積雪地域もそうでない地域も、冬は雪の吹き込みにお悩みではないでしょうか。朝の出勤やお出かけの際、ただでさえ時間がないのに車の雪落しに手間取ってしまいますよね。

 

そんなシーンに役立つアイテムが、防雪ネットです。雪よけネットとも呼ばれており、カーポートなどに雪が吹き込むのを防ぎ、凍結や積雪、突風による地吹雪を最小限に抑える働きがあります。

 

一般住宅だけでなく、ビルの外部階段や立体駐車場といった建物にも多く使われているのも大きな特徴と言えるでしょう。防雪ネットのタイプは大きく3種類に分かれます。

 

・固定タイプ

・カーテンタイプ

・ロールカーテンタイプ

 

このほかにサイズやカラーバリエーションが豊富にありますが、どのタイプも設置が簡単で、使わない時期はコンパクトにまとめて収納可能です。また、カーテンタイプはレールで絞ったり、巻き上げたりできるので、サイドからの通路を確保しやすいですよ。

 

最近では高機能に優れた商品が各メーカーから販売されており、豪雪地帯向きの耐久性に特化したタイプ、軽量タイプ、希望のサイズに加工できるオーダーメイドタイプなど、種類豊富です。

 

カーポートの対策をしっかりとし、冬の負担からカーポートを守って、長持ちさせてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風・積雪に強いカーポートを知りたい方にとっておき情報

●「アルミカーポートの最強モデル」 超頑丈!!セッパンカーポート特集


アルミの柱を使ったカーポートで一番頑丈な仕様を知っていますか?それはセッパンカーポートです!耐風圧強度・最大54m/s、耐積雪強度・最大250cm相当もあります。そんなセッパンカーポートの中から当店が厳選した商品をご紹介しております。

台風・大雪に強い超頑丈!!セッパンカーポート特集



●「強い」台風に耐えるカーポートセット誕生!!


台風による屋根の飛びを防ぐために、キロオリジナルのコミコミセットを作りました!メーカー自社基準で耐風圧46m/秒に耐える事ができるとっておきのカーポートです!

台風に耐えるカーポート特集台風に耐えるカーポート特集



ダウンロード不要のカンタン!自動無料見積システム


たった3分で、工事付のカーポートの価格を知ることができる無料見積シミュレーションのご紹介です。面倒な作業は不要ですので、ぜひ一度お試しください。

カーポート自動WEB見積をスタートするカーポート自動WEB見積をスタートする



●見積価格を知る前に。施工事例でイメージを膨らませよう!!


カーポート施工事例集はこちらカーポートの施工事例集を確認する


カーポート専門店のキロに移動する

SNSでもご購読できます。